複数の不倫相手に慰謝料請求は可能ですか?


複数の不倫相手に慰謝料請求は可能です。ただし、夫婦と不倫相手の両方に慰謝料を請求して、慰謝料を払ってもらえるかは、交渉次第です。


不倫相手が複数いた場合、
その全ての不倫相手に慰謝料請求をすることができます。


浮気慰謝料を請求するために必要な条件と金額とは

・夫婦生活が破綻していたか。
(参考 :夫婦生活が破綻していると判断される状態)
・婚姻期間の長さ。
・不貞行為を行っていた期間の長さ。
・子供の有無。
・不倫をどちらが主導したか
・社会的地位(夫婦、不倫相手の両方)への影響。

など。

これらの条件によって請求する慰謝料の金額が決まります。また、慰謝料請求の交渉では、不倫をした夫婦と不倫相手に請求する慰謝料の金額は、
基本的に同額を請求します(その金額を払ってもらえるかは別問題です)


複数の不倫相手に請求する慰謝料の金額は、不倫相手が一人だった場合の慰謝料計算方法となんら違いはありません。
参考:浮気慰謝料の相場はいくら?

複数の不倫相手がいた場合でも、不倫相手全員に同額の慰謝料を請求することはできます。

ただし、複数の不倫相手が慰謝料の支払いに応じるかは、交渉をしてみないとわかりません。

複数の不倫相手と交渉する例

わかりやすく例を挙げてご説明します。

例えば、夫が3人の女性と不倫関係にあり、その3人の女性それぞれに慰謝料を300万円請求したとします。 不倫相手の女性のうち2人は慰謝料請求の交渉によって、200万円と100万円、それぞれ支払うことを約束しましたが、残りの1人は、慰謝料の支払いを拒みました。

交渉によって、
不倫相手の女性の経済状況などから支払いが可能な金額に慰謝料の金額を減額する場合もあります。また、あくまで交渉のため、不倫相手の女性が慰謝料の支払いを拒否することもできるのです。

慰謝料の支払いを拒否されれば、当然、不倫の被害者として納得できません。
そのため、交渉での慰謝料請求が難しい場合は、裁判によって慰謝料の支払いを求める訴訟を起こし、裁判所に判断を委ねるという方法があります。

この慰謝料請求の裁判で注意していただきたいのは、不倫をした夫から、
すでに300万円の慰謝料を受け取っていた場合、不倫相手に同額の慰謝料を重ねて請求することはできません。

また、その逆の場合でも同じです。
不倫相手の女性から合せて300万円近くの慰謝料を受け取っていた場合、それ以上の金額を裁判で請求することはできません。

裁判で慰謝料請求をする場合

裁判で慰謝料請求をする場合、不貞行為が実際にどれだけ行われていたのか、その証拠も必要になります。不貞行為の証拠には、不倫をした夫婦と不倫相手が肉体関係を持ったことを 証明する証拠写真や、複数の相手と不倫関係だったことを明らかにすれば裁判で有利になります。
裁判で有効な浮気の証拠とは

裁判では、複数の相手と不倫関係にあった場合、
不倫相手が1人だった場合と比べ、より悪質な不貞行為であると認識されることがあり、複数の不倫相手がいることを証明するためにも不倫の証拠は必要です。慰謝料請求の交渉や裁判になった時のためにも、複数の不倫相手との関係をあきらかにする証拠を準備しておくことをおすすめします。

不倫の証拠があれば、交渉を有利に進めることもできます。
不倫の証拠集めでお困りの方は、当社の無料相談からご相談ください。有効な不倫の証拠や調査内容について詳しくご説明させていただきます。



 浮気慰謝料に関する気になるコラム


 その他の質問

ページ先頭へ▲

MENU
浮気調査はAkai
浮気の悩み
離婚の悩み
恋愛の悩み