未婚の恋人同士でも浮気の慰謝料を請求することはできますか?

未婚の恋人同士で慰謝料を請求するのは難しいと思われます。ただし例外はあります。

浮気行為に対して、浮気をした配偶者と浮気相手に慰謝料を請求するのは、
浮気をされた人にとって当然の権利です。

夫婦なら、浮気をした配偶者と浮気相手に慰謝料を請求できますが、
未婚の恋人同士で浮気をされた場合、浮気をした恋人に慰謝料を請求したとしても、払ってもらえない可能性が高いです。

不倫や浮気といった不貞行為に対して夫婦が慰謝料を請求できるのは、
民法上で夫婦に貞操義務があるからです。

この貞操義務は、夫婦だからこそ存在し、
未婚の恋人同士には貞操義務は存在しません。


しかし、例外として未婚でも浮気をした相手に対して慰謝料を請求できる場合もあります。

内縁関係の慰謝料請求

内縁関係の男女が浮気をした場合、慰謝料を請求できます。

内縁関係とは、事実婚のことで、正式に婚姻届を出していないだけで、
実質は夫婦同様の関係を指します。


テレビや雑誌で「内縁関係の〜」といったフレーズを見たり聞いたりしたことがあると思います。

内縁関係の男女は、未婚であっても夫婦と同じ権利や義務が生じるのです。

 内縁関係の男女が慰謝料を請求する方法

内縁関係の男女が浮気をした場合の慰謝料請求方法は、
一般の夫婦が慰謝料を請求する場合とほとんど同じです。

浮気の証拠を集め、配偶者と浮気相手に慰謝料を請求します。
ただし、内縁関係の慰謝料請求では、違いが1つあります。

【内縁関係であることを証明する】

内縁関係の男女が浮気をした場合、浮気の証拠を集めると同時に、
内縁関係を証明する証拠が必要になります。

この内縁関係を証明する証拠は、いくつかあるので下記を参考にしてください。

  • 共同生活期間の長さ
  • 財産を共有している証明(通帳やローンの借り入れ記録など)
  • 知人や両親(親族)からの内縁関係を認める証言
  • 賃貸契約書に同居人として名前が記入されている
  • 住所が同じ住民票

内縁関係を証明する証拠と、浮気の証拠が揃えば、未婚であっても慰謝料を請求することができます。

内縁関係でもない未婚の恋人同士では、浮気の証拠を集めて慰謝料を請求しても払ってもらうことはできませんが、 内縁関係なら浮気の慰謝料を請求することができるので、浮気の証拠集めをしておきましょう。


 慰謝料でよくある質問

 浮気に関するよくある質問

ページ先頭へ▲

MENU
浮気調査は低料金で
浮気の悩み
離婚の悩み
恋愛の悩み