浮気調査アプリで逮捕されたそうですが、逮捕の理由を教えてください

『不正指令電磁的記録供用容疑』で逮捕されたそうです。浮気調査アプリを利用した場合、何が問題になるか、どんな罪に該当して逮捕されるのかをわかりやすく解説したいと思います。


逮捕された理由の【不正指令電磁的記録に関する罪】とは、もともとPC(電子計算機)に対してウィルスやマルウエアによる攻撃を想定して作られた法律です。 (参考 :不正指令電磁的記録に関する罪|警視庁)

PC同様、スマホも電子計算機であるため、他人のスマホへの勝手なアプリのインストールや遠隔操作・情報の搾取に対して、この法律が適用されます。

【不正指令電磁的記録に関する罪】とは?

刑法に定められたコンピューターに関連する犯罪のことを指します。
【不正指令電磁的記録に関する罪】で、「浮気調査アプリ」に関する違反内容を下記に集めてみました。

・不正指令電磁的記録供用罪(168条の2-2)
ウィルスやマルウエアなどを本人の同意を得ず勝手に稼動する状態にして、 使用者本人の知らない間に位置情報の取得や通話記録、電話帳などのデータを遠隔操作で取得した場合や取得しようとした場合に適用される法律です。

浮気調査アプリの場合、スマホ使用者の知らない間にインストールし、バックグラウンドで稼動された状態や、稼動できる状態にしようとした場合の適用される法律です。


・不正指令電磁的記録取得罪 (168条の3)
使用者の意図に反した不正な指令を出すコードを取得したり、保管した場合に適用される法律です。
この法律は、単独で犯罪とされるわけではなく、不正指令電磁的記録供用を目的とした場合に罪として成立します。

・不正指令電磁的記録作成罪・提供罪(168条の2・168条の3)
コンピューターに不正な指令を出すウィルスやマルウエアの作成・提供を罰するための法律です。
スマホのアプリの場合、作成者の意図がスマホの別な目的のために作ったにもかかわらず、 浮気調査アプリとして使われてしまっている場合は、作成者がこの罪の問われることはありません。


なぜ、浮気調査アプリを利用すると【不正指令電磁的記録供用罪】で逮捕されるのか?

「浮気調査アプリ」として利用されるアプリは、本来、浮気調査を行うためのアプリではありません。
本来の機能としては、「スマホの紛失・防犯対策」や「スマホ内の情報をPCで管理する」などを目的としています。

この「位置情報の取得」や「PCでの情報管理機能」等を利用することで、旦那や彼氏の行動や交友関係など、 浮気に関する情報を調べることができるので、わかりやすく「浮気調査アプリ」と呼ばれています。

「浮気調査アプリ」を使うには、浮気調査の対象者が持っているスマホにアプリをインストールしなければ使えません。

浮気調査の対象者に黙って、浮気調査アプリをインストールし、使用者本人の知らない間にスマホの位置情報を取得したり、 通話記録や電話帳などのデータを遠隔操作で盗み見して、対象者が浮気をしていないか調べることになります。

彼氏・彼女はもちろん、夫婦関係にある妻や夫のスマホであっても、本人の同意を得ず、 勝手に他人のスマホに浮気調査アプリをインストールし、スマホ使用者本人の意思に反して、 位置情報や通話記録、電話帳などのデータを遠隔操作で取得した場合、【不正指令電磁的記録供用罪】に該当し、逮捕に至ることになります。

関連ニュース遠隔操作アプリ取得疑い逮捕のニュース
関連コラム浮気調査アプリの脅威!スマホに仕込まれてもバレない?

 その他の質問

ページ先頭へ▲

MENU
浮気調査はAkai
浮気の悩み
離婚の悩み
恋愛の悩み