不倫は犯罪ですか?どんな法律に違反しますか?

不倫は民法上の「不法行為」となります。この不法行為がどんな意味なのか、詳しく解説いたします。

不倫は犯罪?不貞行為に法律上どんな罰則があるのか


「不倫はダメ」というのは共通認識として持っている方が多いと思います。

では、なぜ不倫はダメなのでしょうか?不倫は犯罪なのでしょうか?
今回は、不倫は犯罪なのか、不倫がバレるとどんなペナルティがあるのか、
について解説致します。


不倫は犯罪ではなく、不法行為

最初に結論を申し上げると、不倫は犯罪ではありません。
不倫は犯罪ではなく、不法行為です。

そもそも「犯罪」とは何か、というと「刑法を違反し、刑罰対象となる行為」
のことです。
不倫については刑法で定められておらず、罰則もありませんから、犯罪とは言えないのです。

不倫は罰則規定はありませんが、損害賠償の対象にはなります。


民法の709条と710条には、「不法行為による損害賠償請求ができる」と記載されています。不倫は、この「不法行為」にあたると解釈され、損害賠償請求の対象となるのです。


法律上の不倫とは?

不倫は、犯罪ではなく不法行為にあたり、損害賠償の対象となります。

法律上の「不倫」とは、
配偶者のある人が、配偶者以外の異性と、自由意思で肉体関係をもつこと
を指します。

つまり、ここでは、同性愛者のことはまったく触れられていません。

妻が家庭の外で他の女性とラブホテルに行っていたとしても、
不倫とはみなされないということです。

また、「肉体関係を持つ」こともポイントです。
いくらメールや電話でラブラブな会話をしていたとしても、
プラトニックな関係であれば不倫とはみなされないのです。


不倫という不法行為を犯すとどんなペナルティがある?

刑罰対象とはならない不倫ですが、不倫していることがバレることで
一定のペナルティが発生する可能性があります。

 @ 慰謝料請求

配偶者に不倫がバレて、慰謝料を請求された場合には、
慰謝料を支払う必要があります。

慰謝料の相場は40万円〜200万円ほどだと言われています。
ただし、「婚姻関係が破綻している場合」や「浮気を認めず証拠もない場合」は支払う必要がありません。

「婚姻関係が破綻しているか否か」はケースバイケースで判断が異なりますが、5年間ほど別居している、など、夫婦としての生活の実態がほとんどない場合には、婚姻関係が破綻しているとみなされる傾向にあるようです。

また、「ラブラブなメールや写真」などの浮気の証拠がある場合でも、肉体関係がはっきりとわかる証拠がない場合には、慰謝料を支払わずに済む可能性もあります。

浮気の慰謝料を請求したいのですが、どのような方法がありますか?すべて教えてください。

 A社会的信頼を失う

浮気をしたことがバレた場合、社会的信用を失うことがよくあります。
たとえば、会社によっては、昇進ができなくなったり左遷されてしまう
可能性もあるのです。

また、配偶者側の両親や自分の親族にも不倫をしたことがバレてしまい、
肩身の狭い思いをする可能性もあります。

 B家族を失う

配偶者が不倫を許してくれるかどうかは、不倫がバレるまでは分かりません。

不倫している人の多くは、「夫(または妻)は、一度の不倫くらいゆるしてくれるだろう」と高をくくっていることが多く、実際に離婚を切り出されてから慌てふためく人も多いのです。

不倫がバレたことにより、三行半をつきつけられ、
妻や夫に去られてしまう可能性もあります。


また、男性が浮気をした場合は、女性側に子供の親権をとられてしまうことも多いため、子供の成長を見ることができなくなったり、子供から軽蔑されてしまう事態にもなりかねません。

 C経済的基盤を失う

専業主婦(夫)が不倫をしており、離婚するとなった場合には、
経済的基盤を一瞬にして失う可能性がでてきます。


主婦(夫)が不倫していた場合でも、財産分与を受け取る権利はありますが、
長らく主婦(夫)業をしてきた人が新しい仕事を探すのは困難だと言えるでしょう。

また、経済的基盤が無いために、子供の親権を争うさいに不利になってしまう可能性も高いのです。


不倫は犯罪ではないが民法上は「不法行為」です

今回は、不倫が犯罪かどうか、罰則はあるのか、について解説しました。
不倫は犯罪ではないため、「禁固〇年」など刑に処されることはありません。

ですが、肉体関係を伴う不倫がバレた場合には、
賠償請求される可能性が多いにあります。


不倫がバレたら、不倫した当事者および不倫相手は、
慰謝料を請求される可能性があります。

それだけではなく、会社での地位が脅かされたり、最愛の家族を傷つけ失う可能性や、子供に会えなくなる可能性、経済的に貧困に陥ってしまうリスクまであるのです。

ですから、不倫は、法律上は犯罪ではないとはいえ、
かなりリスクの高い行為だと言えるでしょう。

不倫の誘惑に負けそうになったときは、自らの行っていることが不法行為であり、バレたら損害賠償対象になる行為でもあるということ思い出すべきでしょう。


 浮気に関するコラム

ページ先頭へ▲

MENU
浮気調査は低料金で
浮気の悩み
離婚の悩み
恋愛の悩み