夫が浮気をしていました、離婚を考えています。どうすれば上手く離婚できますか?


浮気が原因で離婚する場合、浮気の証拠や慰謝料の請求、子供の親権など考えなくてはならないことがあります。

配偶者が浮気をしていた、裏切られたことが許せなくて、
浮気とわかった後すぐに家出、そのまま離婚。


こうした話は離婚ではよく聞く話です。

夫婦の間で浮気が発覚したり、浮気の疑惑があって相手を問い詰めるとはぐらかされ、夫婦喧嘩。その場の勢いで実家に戻ってしまったり、なかにはその場で離婚届を準備する人もいます。

配偶者に浮気をされても許せるという人は少ないと思います。
夫婦関係を修復するにしても、浮気をした相手からの誠意ある謝罪と反省、再発の防止を約束してもらえなければ、
許すことはできませんし、夫婦関係の修復は難しいでしょう。

そして、夫婦関係の修復が不可能ならば、離婚という結果になります。

この離婚ですが、離婚届を役所に提出すればスグにでも離婚できると思っている方もいるかもしれません。
しかし、離婚の手続きはそんなな物ではありません。
夫婦が離婚するには、様々な問題をクリアしなくてはなりません。

・夫婦が離婚に合意する
・パートナーや浮気相手に対して慰謝料の請求
・お子さんの親権や養育費、子供の氏名に関する色々
・保険や年金の移動手続き
・夫婦が共有していた財産の分与方法
・etc...

ここに挙げた問題は、いくつもある離婚問題のほんの一部です。

離婚の手続きでは、離婚後の生活を考えた行動を取るので、何か不足すれば、
その都度対処すると思います。しかし、これら全ての問題を完璧に解決することはないように感じてしまいます。

特に、慰謝料の請求が問題になるケースが多いと思います。
浮気が原因で夫婦が離婚をする場合、浮気をしたパートナーとその浮気相手に、浮気で被った損害に対する賠償を、慰謝料という形でパートナーと浮気相手に請求することが出来ます。

ただし、慰謝料を請求した相手が、浮気をしたからと言って無条件で慰謝料を払ってもらえるわけではありません。
慰謝料を請求して、その慰謝料をちゃんと支払ってもらうには、いくつかの条件をクリアしなくてはなりません。

・浮気をされるまで夫婦関係が破綻していなかった
・浮気をしたことを、パートナーと浮気相手に認めさせる
・浮気を認めさせる浮気の証拠がある
・慰謝料を支払うだけの経済力がある
・必ず慰謝料を支払ってもらうための対策をとる

これらの条件をクリアしなくては、慰謝料を請求しても相手が言い逃れをしたり、慰謝料の支払いが途中で途絶えてしまう可能性もあります。

この条件の中で注意して頂きたいのは、「浮気を認めさせる証拠」です。
浮気の証拠が有るのと無いのでは、その後の離婚手続きにも大きく影響します

浮気の証拠とは、「パートナーと浮気相手が肉体関係を持っている」ことを証明するための証拠です。二人がキスをしている所や、ホテルへ出入りする瞬間の写真などが浮気の証拠として認められます。

一方で浮気の証拠として弱い物に、携帯電話に保存されている浮気相手とのメールのやり取りや、一緒に車に乗っているところの写真は、浮気の証拠として弱い傾向にあります。

「肉体関係を持っている」と証明する言い逃れが出来ない証拠が重要になるため、携帯電話のメールや車に一緒に乗っていても、
「メールはふざけていただけ」「家まで送ってあげただけ」と言い逃れすることが出来てしまいます。

そのため、浮気を認めさせ慰謝料を請求するためには、
言い逃れのできない浮気の証拠を集めることが大切です。

浮気をされ、離婚を決意してから、離婚のための準備を始めると思います。

離婚のために問題をひとつずつ解決していくことは大切ですが、離婚の準備をしていることをパートナーと浮気相手には気づかれようにしなくてなりません。
離婚を相手に告げるのは、全ての準備が整ってから、言い逃れが難しい状況で、浮気の証拠といっしょに突き付けてやりましょう。



 その他の質問

ページ先頭へ▲

MENU
浮気調査はAkai
浮気の悩み
離婚の悩み
恋愛の悩み