妻の浮気が発覚した。財産分与なしで離婚したいが、どうすればいい?

離婚の条件によって財産分与なしで離婚をすることは出来ます。ただし、いくつか注意点もあります。

離婚をするとなると、お金に関する問題が発生することがあります。
離婚の原因を作った相手に慰謝料を請求したり、子供の養育費から別居中の生活費の請求など、離婚のお金の問題はそれぞれが解決の難しい難題です。

そして、このお金の問題に財産分与があります。

今回の場合、妻の浮気が原因で離婚を考えているということで、離婚の原因を作ったのは妻です。
そのため、通常なら離婚時に夫婦共有の財産は財産分与で分けるのが普通なのですが、妻の浮気が原因の離婚で、夫が妻に財産分与をしたくないという気持ちはわかります。

しかし、財産分与はあくまで夫婦が婚姻生活中に築き上げた財産を分割するものです。そのため、一方に夫婦共有の財産を渡さないということはできません。

ただし、これにも例外はあります。
夫婦共有の財産ではなく、「特有財産」と認められる財産は財産分与の対象から外すことができます。

この特有財産とは、夫婦が結婚してから保有する財産とは別に、結婚前からお互いが持っている財産のことを特有財産といいます。

例えば、結婚前から夫が所有していた車を、結婚後も夫婦が共有で使っていたとします。この場合、離婚時の財産分与では、車を購入したのは結婚前の夫ですから、その車は離婚時の財産分与から外されます。

このように特有財産と認められる財産については、離婚時に財産分与をする必要はありません。

また、財産分与の金額を決める方法でも、分ける財産の金額が違ってきます

離婚は、協議離婚や調停離婚、裁判離婚といった方法で夫婦が離婚条件を話し合い離婚の中身を決めます。
協議離婚の場合、夫婦だけで話し合いをして離婚条件を決め、離婚するため、財産分与などのお金に関する話も夫婦が話し合い、お互いが納得して離婚をします。

この協議離婚で妻の浮気が原因で離婚しなければならなくなったことを夫が強く主張し、慰謝料の減額などを条件に妻に分ける財産分与の額を少なくする交渉は可能です。
参考:財産分与の相場とは?

財産分与の交渉を進めるにあたって、妻の浮気を証明する証拠と、妻に浮気をしたことを認めさせるための証拠集めを協力することは可能です。

しかし、直接の交渉や調停離婚、裁判離婚となった場合には、法律の専門家に相談をして、夫にとって有利な条件で離婚条件を妻から引き出す方法を聞くのをおすすめします。

ページ先頭へ▲

MENU
浮気調査はAkai
浮気の悩み
離婚の悩み
恋愛の悩み