離婚の慰謝料が高額になる条件を教えてください。

慰謝料の金額を少しでも多くしたいなら、協議離婚で離婚することをおすすめします。


まず、慰謝料の平均相場ですが、浮気が原因で離婚した場合、
100万円〜300万円ほどが慰謝料の相場といわれています。

また、慰謝料は離婚に至った原因によって平均相場が違います。

そして、これら慰謝料の平均相場は、調停離婚や裁判離婚、
審判離婚を行った場合の金額です。

調停や裁判では、あらかじめ支払われる慰謝料の金額が
算定表によって決まっています。

離婚時に支払われる慰謝料は、慰謝料を払う人の年収(財産)、婚姻年数、年齢、原因がより悪質な物であるかなど、これらの条件で慰謝料の金額が決まり、多くの場合、過去の調停や裁判の判例に沿った金額となります。

離婚調停や裁判で「慰謝料を1億円要求します!」と主張しても、
そのまま認められることはまずありません。

そのため、少しでも多くの慰謝料を払ってもらいたいと思う人は、協議離婚による離婚をすすめます。

では、高額な慰謝料が取れる可能性の高い協議離婚について、浮気が原因で離婚をすると仮定してその理由をご紹介します。

協議離婚の慰謝料が高額になる理由

協議離婚は、離婚する夫婦が話し合いによって離婚条件を決めます。

当事者だけで話し合いを行うため、相手が合意さえすれば高額な慰謝料を
請求することが出来るのです。

協議離婚で慰謝料を決めた場合、浮気が原因で離婚する場合の慰謝料相場が、
200万円〜500万円と、調停や裁判より高額な慰謝料をもらって離婚する
ケースがあります。

協議離婚で慰謝料を請求する条件

では、浮気が原因で離婚する場合の協議離婚で慰謝料を請求するために、クリアしなくてはならない条件を下記でご紹介します。

協議離婚では、離婚の手続きを全て自分達で行わなくてはなりません。そのため、協議離婚をした夫婦間で、離婚後に慰謝料や子供の養育費が支払われないといった問題が発生した場合の対処がおろそかになってしまいます。

協議離婚は、調停や裁判とは違い、離婚条件に強制力といったものがありません。

慰謝料を払うと約束をしても、その場しのぎの嘘の可能性も考えられるため、協議離婚では必ず離婚条件に同意したことを証明する証拠を書面として残しておきましょう。

離婚条件に合意したことを認める内容を書面に残すことで、強制力を持たせ、もしも離婚後に慰謝料の支払いが滞った場合に備えることが必要です。

ここまで準備を行って、少しでも多くの慰謝料を払ってもらうことが出来るのです。

 その他の質問

ページ先頭へ▲

MENU
浮気調査はAkai
浮気の悩み
離婚の悩み
恋愛の悩み