浮気調査で利用するGPSは、小型のほうがバレにくいですか?

浮気調査にGPS発信器を使って相手の居場所を特定する方法がありますが、小型のGPSを使えばバレるリスクは回避することができるのか解説します。



浮気調査では、たびたびGPSを使って調査対象者の現在地を調べるといった技法が紹介されています。

GPSを使えば、調査員が尾行する手間も減り、調査対象者が普段どこへ行っているのか簡単に調べることが出来ます

浮気調査のコストを削減するという意味でも、GPSは大変有効な手段だと言えます。

では、メリットばかりのように思えるGPSを使った浮気調査で、どのようなデメリット(リスク)があるのかというと主に2つ挙げることができます。

  • GPS発信器を取り付ける場所が限られる
  • GPS発信器が調査対象者にバレる

  • GPSを使った浮気調査で絶対安全ということはありません。

    調査を失敗するリスクを少しでも軽減するために、GPS発信器は小型で高性能な機種を選ぶ必要があります。

    小型で高性能なGPS発信器を使う理由について、先程紹介したGPSのデメリットから、事例と一緒にご紹介したいと思います。


    GPSの取り付け場所に困った!

    GPSを使う浮気調査で、まず最初に困ることが「GPSの取り付け場所」です。

    ほとんどのGPSを使った浮気調査では、GPS発信器を取り付ける場所に調査対象者が乗る車が選ばれます。

    その理由は、GPS発信器を車体の下に磁石を使って取り付けることができ、車体の下なら調査対象者にGPSがバレる心配がほとんど無いからです。

    しかし、全ての浮気調査にこの方法は通用しません。
    何故なら、調査対象者の移動手段が車だけとは限らないからです。

    調査対象者の移動手段には車の他に、自転車や徒歩、電車、バスなどの公共交通機関を使って移動するケースもあります。

    浮気に車が使われるケースが多いとはいっても、必ずしも浮気で車を移動手段に使うとは限りません。

    そのため、車に取り付ける事を想定しているGPS発信器では、車以外の移動手段を使われると、取り付けが出来ないということにがあります。

    しかし、小型のGPS発信器なら取り付ける場所に困るという事が減ります。

    現在市販されている小型のGPS発信器は、縦4cm横3cmほどのタバコの箱より一回り小さいGPS発信器もあります。

    このサイズのGPS発信器なら、上手くすれば調査対象者の仕事カバンの中に仕掛けるのも不可能ではありません。


    GPS発信器がバレないか心配!

    GPSを取り付けたのはいいが、調査対象者にバレてしまわないか心配、という方は多いです。

    これは探偵からのアドバイスですが、「絶対バレない調査はありません」

    そのため、調査がバレないように工夫することが大事です。

    例えば、調査対象者の仕事カバンに小型GPSを仕掛けようと思ったら、GPSをそのままカバンに入れるだけではダメです。

    GPS発信器が見つからなように、GPS発信器の外見を偽装した状態で浮気調査に使います。

    また、調査対象者のカバンにGPS発信器を仕掛けるのが難しいという場合は、無理にGPS発信器を取り付けるようにことは絶対にしないでください。

    一番に考えることは、浮気調査が調査対象者にバレないことです。

    バレる危険が少しでもあるなら、GPS発信器を取り付けるのは一旦諦め、他の方法で浮気調査することをおすすめします。

    参考素人のGPS調査はバレる?GPSを使う浮気調査でよくある失敗

    小型のGPS発信器も万能ではない

    小型のGPS発信器を使えば、取り付け場所や浮気調査がバレる心配は少なくなりますが、万能というわけではありません。

    小型のGPSを使っても浮気の現場を特定することができなかったり、そもそもGPS発信器を取り付けることが出来ない状況もあります。

    そのような場合は、GPSにこだわるのではなく、他の安全な浮気調査の方法を試すようにしてください。


     関連する記事

    ページ先頭へ▲

    MENU
    浮気調査は低料金で
    浮気の悩み
    離婚の悩み
    恋愛の悩み