携帯メールは浮気の証拠として利用できる?

浮気相手との携帯メールは証拠になる?

パートナーが浮気相手とやり取りをしたメールを、裁判証拠として使うケースがあります。
しかし、ほとんどの裁判で浮気相手とやり取りしたメールが浮気の証拠として認められることはありません。

個人で浮気調査をした場合などで、比較的簡単に手に入れることができる浮気の証拠で、一番に挙げられることが多い携帯やパソコンで浮気相手とやり取りを記録したメールですが、あくまで状況証拠という扱いになるので、裁判証拠としての価値は低いものになります。

たとえそれが浮気を臭わせるメール内容だったとしても、浮気をした本人が「本気ではない、ふざけただけ」と言い訳ができるため、メールから浮気を立証するのは難しいのです。

浮気の証拠として利用できるメール内容とは

しかし、メールが浮気を立証するための証拠として認められるケースも無いわけではありません。

例えば、メール内容について浮気をした本人、または浮気相手が「不貞行為をおこなったと認めた場合」には、そのメールが裁判証拠として価値のあるものになります。

不貞行為を認めたといっても、口頭だけで認めた場合には、土壇場になって「そんなこと言っていない」と言われる可能性もあります。

そこで、不貞行為を認める発言をしたら、同時に書面で浮気をした本人または浮気相手に不貞行為の証明を残してもらうことで、メールにも証拠としての価値が生まれるのです。

メールで浮気を立証しようとすると、あとで「やった」、「やってない」という水の掛け合いになることがありますが、事前にメール内容を認めさせ、不貞行為を行ったと書面で残していれば、離婚の手続きもスムーズに進めることができます。

配偶者の浮気が原因で離婚するなら、言い逃れできない浮気の証拠が絶対必要です。協議、調停、裁判でも通用する浮気の証拠を当社が集めます。
Akai探偵事務所では、浮気調査の無料相談を行っています。お気軽にご相談ください。


■浮気の証拠に関するよくある疑問
裁判で有効な浮気の証拠を手に入れるには

▲ ページ先頭へ