浮気慰謝料の相場は?浮気の証拠を利用した慰謝料請求の流れ

浮気慰謝料の請求金額はいくら?

浮気調査を探偵や興信所に依頼し、証拠が取得できた後、慰謝料請求を場合により行いますが、果たして慰謝料はどの程度もらえるのか、ご紹介していきます。

浮気調査を探偵や興信所に頼むと、大体50万円〜80万円程度かかってきます。
調査員2〜3名で3日〜5日程度の調査を行うとなった場合、浮気調査料金の高い所では、100万円以上する所もありますが、平均額より安い興信所で探していくと、大体40万円〜60万円程度で依頼が可能です。

探偵・興信所に浮気調査を依頼する場合、調査員何名で、何日間の調査を行うかなど、条件によって金額が変わってきますので、あくまで参考程度にお考え下さい。

平均額より安い興信所とはいえ、浮気調査を依頼するだけでも何十万円という金額がかかってきますので、後々の生活の事を考えると、やはりそうそう簡単に出せる金額ではありません。

そうなると気になるのは、慰謝料の金額がどの程度請求できるかになってくると思います。
一般的に、弁護士に依頼し、浮気相手に慰謝料請求を行った場合、どうしても平均の額で落ち着いてしまいます。

浮気の慰謝料の平均額は、大体100万円〜300万円程度と言われています。
しかし、条件があえば、この平均額以上を取得するということも可能です。

浮気調査で、パートナーの浮気の事実を知ってしまったなら、パートナーと浮気相手のどちらに、あなたは慰謝料請求しようと考えていますか?
最終的に離婚をする・離婚しない、さらに状況によって、慰謝料の請求する相手を選んだほうがよさそうです。

その1:夫婦関係は維持。浮気をやめさせたいだけ。離婚も別居もしない。 50万円〜100万円

その2:今はまだ浮気がゆるせない。だから慰謝料は貰ってとりあえず別居する。 100万円〜200万円

その3:浮気はこの先も許すことができないだから、離婚する。 200万円〜400万円

夫婦関係を修復する場合、浮気をしたパートナーに慰謝料請求しても、結果的に家の財産から慰謝料が出ているに過ぎません。ですから、夫婦関係を修復する場合には、浮気相手だけに慰謝料を請求しましょう。

浮気の慰謝料の額は、相手の支払い能力や、婚姻期間、DVの有無や、精神的苦痛の程度など、様々な要素で決まってきますが、例えば、相手が高額取得者であれば、平均額以上の慰謝料を請求することも可能になってくるかもわかりません。
いずれにしても、慰謝料を高くとるには、浮気の証拠が必要になってきます。
浮気調査を探偵や興信所に依頼し、複数回取得することで、それだけ慰謝料請求の時も優位になってくると思います。

浮気調査を興信所に依頼し、証拠を集めるとなると、ある程度の出費を覚悟の上、依頼する必要が出てきます。ですが、同じお金をかけるのであれば、浮気調査を得意としている探偵に頼むのが良いと言えます。

浮気調査を得意としている探偵の良い所は、例えば、「暗い場所でも顔がハッキリ撮影できる」、「離れた場所からでも望遠で撮影ができる」などの調査力を兼ね備えている為、浮気の証拠が取れやすい点にあります。

浮気調査が苦手な興信所は、調査機材に費用をかけていない事が多いので、浮気の証拠が取れない事や、撮影できても顔がぼやけて誰かわからないといったことが出てきます。

当サイトでは、Akai探偵事務所が浮気調査や素行調査を得意としている理由をご説明しています。

浮気調査を探偵や興信所にお考えの方は、当サイトをお読みの上、
ご検討してみて下さい。


株式会社 赤井事務所
代表取締役: 継野勇一



▲ ページ先頭へ