1. トップへ
  2. 離婚の悩み
  3. 風俗は浮気と判断して、離婚できますか?

風俗は浮気と判断して、離婚できますか?

風俗は浮気として認められます。そのため、夫の風俗通いを理由に離婚することはできます。

風俗は不貞?旦那と離婚は出来るか

旦那が風俗に通っていることが判明したなら、妻としては不快感を感じるのは当然のことだと思います。

結果的に旦那との離婚を考え出してしまうこともあるでしょう。

しかし、旦那が風俗に通うことは、離婚の正当な理由になるのか不安に感じる人も少なくないと思います。

そこで、今回は風俗が不貞行為として離婚はできるのか?という疑問を解説していきたいと思います。

不貞行為の定義とは?風俗は不貞行為になる?

法律では、配偶者に不貞行為があったとき離婚の訴えを提起することができるとしています。

不貞行為とは、自由意志で配偶者以外の者と性的関係を結ぶことだと解釈されています。

旦那が風俗に通うことが、この不貞行為の定義に当てはまるのであれば、妻は正当な理由として離婚を請求することができることになります。

不貞行為のポイントの1つが自由意志であることです。

たとえ配偶者以外の者と性的関係があったとしても、脅されていたなど、本人の意志に反して性的関係を結んでいた場合は不貞行為とはみなされません。

この点では、風俗は本人の意志でお店に向かっている以上、自由意志による行為だとみなすことができます。

風俗は金銭を払って受けるサービスの1つであり、恋愛感情の伴っていないのだから、不貞行為には当たらないと考えている人も多いようです。

しかし、法律上で定められる不貞行為とは、自由意志による性的関係があれば、そこに恋愛感情が伴っているかどうかや金銭の授受があったかは関係ないのです。

そのため、例えお店のサービスの一環だったとしても、本人の意志で配偶者以外と性的関係を結べば不貞行為になります。

次のポイントは、どこまでが性的関係に当たるのかという問題です。

男性からすれば、風俗に通ったとしても本番行為をしていないかぎりは、不貞行為に当たらないと考えている人も多いようです。

しかし、たとえ本番行為がなかったとしても性的類似行為が行われた場合、性的関係を結んだと判断されるケースもあります。

本番行為を前提としていない風俗店だったとしても、オーラルセックスを始め、性的類似行為とみなされるので、風俗全般が性的関係を結ぶ行為として認められる可能性が高いです。

これら2つの点から、旦那が風俗が通うことは不貞行為として離婚を請求する正当な理由になりえます。

旦那の風俗通いが離婚理由として認められるためには?


風俗によるサービスは不貞行為として認められる可能性が高いですが、必ず離婚の請求が通るわけではありません。

仮に旦那が風俗に通った事実があったとしても、不貞行為として認められないケースもあります。

不貞行為として認められるためには、婚姻関係が破綻していないことが前提としてあります。

そのため、事実上の夫婦関係が破綻していると認められる状態で、配偶者以外の者と性的関係を結んだ場合、不貞行為とは認められないケースがあります。

婚姻関係の破綻とは、夫婦に婚姻関係を継続する意志がなく、関係を回復することが不可能な状態を言います。

具体的には、別居状態がそれに当たることが多いです。

男性の中には、セックスレスが原因で風俗に通ってしまったという人もいるかもしれません。

しかし、セックスレスというだけでは、婚姻関係の破綻とは認められないことがほとんどなので、この場合は不貞行為を理由に妻は離婚を請求することができます。

ただし、妻が旦那との性行為を拒絶するために風俗に通うことを容認する発言をしていた場合は別です。

このような発言は、配偶者の不貞行為を承認することになるので、そういった発言をした事実が残っていた場合、婚姻関係の破綻した原因が妻側にあると判断されて裁判で不利になってしまう可能性もあります。

また不貞行為とは「性的裏切行為の存在」が前提とされるという解釈もあります。

そのため、仕事上の付き合いで断りきれずに風俗に行ってしまった場合や、一度切りで辞めた場合などは、裏切り行為とまで言えないという理由で不貞行為としてみなされないケースもあるようです。

つまり、旦那の風俗通いが不貞行為として認められるためには、婚姻関係の破綻が認められない状態で、かつ風俗を通うことに確信的な裏切り行為が存在する場合です。

妻に隠れて風俗に度々通い続けながらも旦那側に反省の様子が見られない場合は、不貞行為として認められる可能性が高いです。

風俗を理由で離婚を請求するための段取りとポイント


風俗を理由に離婚を請求するための重要なポイントが、不貞行為の証拠を集められるかどうかです。

離婚を請求する上で、話し合いで旦那が慰謝料を払うことに同意すれば、旦那の不貞行為の証拠を集める必要はありません。

しかし、風俗を理由に離婚を請求する場合、旦那側は納得しないケースも多いので、裁判となったときに不貞行為の事実を証明できるように、事前に証拠を集めておく方が良いでしょう。

証拠を集める上でのポイントは、風俗店について調べたネットの履歴や、風俗店への通話履歴だけでは証拠として不十分な場合があることです。

不貞行為の証拠になるものは、風俗店の会員証やレシートなど、その風俗店を利用したことが証明できるものか、風俗を通っていることが分かる写真や動画などです。

また、風俗に通った事実を認めている音声データなども証拠として有力です。

ただし、裁判で離婚請求が認められるためには婚姻関係が破綻しているかどうかが重視されるので、旦那側に反省の様子が見られる場合には、一度きりの不貞行為の証拠では離婚の訴えが棄却される可能性もあります

そのため不貞行為の証拠にはならないかもしれませんが、日頃から風俗に通っていたという証拠としてネットの履歴や通話履歴などが有効となるケースもあります。

度々旦那が風俗を通っていることに悩んでいるのであれば、それを日記にして残しておくことで婚姻関係が破綻している証拠となる場合もあります

離婚請求をする段取りで重要なポイントをまとめると、「性的関係を結んだことが分かる証拠」と「婚姻関係が破綻していることの証明」の2つです。

風俗通いを理由に離婚は可能ですが証拠は必要

旦那が風俗に通うことは不貞行為に当たらないと考えている人は、男性だけでなく女性の中にも意外と多いです。

そのため、悩みながらも離婚を請求することに踏ん切りがつかないという女性も少なくないと思います。

旦那が風俗に通っている場合、「性的関係を結んだことが分かる証拠」と「婚姻関係が破綻していることの証明」の2つを証明することができれば、離婚を請求するだけでなく慰謝料を請求することも可能です。

もし、旦那の風俗通いに悩んでいるのであれば、一人で悩まずに弁護士や探偵事務所など専門の知識を持った人に一度相談をしてみてください。

 その他の質問

ページ先頭へ▲

MENU
浮気調査は低料金で
浮気の悩み
離婚の悩み
恋愛の悩み