1. トップへ
  2. 離婚の悩み
  3. 夫婦生活の破綻は、どのような状態ですか?

夫と離婚したいです。夫婦生活が破綻していると判断されるのは、どのような状態ですか?

夫婦生活が破綻した状態とは、夫婦が一緒に生活を送ることが出来ない状態のことを指します。夫婦生活が破綻している状態の例をご紹介します。

旦那の浮気による離婚の準備一方的に夫と離婚をしたいと思っても、何の理由もなく、夫に離婚を認めさせるのは難しいです。

夫と離婚したいなら、誰から見ても離婚が
妥当だと判断される理由が必要です。

その誰もが認める離婚の理由とは、夫婦生活が破綻していることの証明でもあります。

調停離婚や裁判離婚では、夫婦生活が破綻しているかどうかで「この夫婦は離婚したほうがよさそうだ」と、夫婦関係を客観的に見て判断されます。

そのため、夫婦の一方が離婚を認めない場合では、夫婦生活が破綻している証拠を集めておくと、調停や裁判で有利になります。

一般的に夫婦生活が破綻いると思われる夫婦の状態が下記になります。

・夫婦が同じ家に住んでいても会話がまったくない。
・仕事が顔を合わせるたびにケンカになる。
・年単位でセックスレスが続いている。
・別居している。
など  

夫婦の事情や夫婦生活が破綻していると思う状態には、夫婦でそれぞれ違うため、これらの条件で必ずしも離婚できるとは限りません。
そこで、民法では、夫婦の離婚を認める条件を
定めています。

 離婚の条件

・配偶者に不貞行為があった場合
・配偶者から悪意の遺棄をされた場合
・配偶者が回復の見込みが低い重度の精神病を患った場合
・配偶者の消息が掴めず、3年以上生死が不明の場合
・その他に、夫婦関係を継続できない、解決が難しい問題を抱えていた場合

離婚の条件が、現在の夫婦関係の状態に合致している場合、離婚を要求することが出来ます。

夫婦生活が破綻していて、これ以上夫婦生活を一緒に過ごすことが出来ないという夫婦は、この離婚条件と現在の夫婦関係を照らし合わせて、離婚が可能かどうか判断してください。

また、夫婦生活が破綻している状態は、
配偶者の不貞行為に対する慰謝料請求に影響を及ぼす場合があります。

慰謝料の請求に影響がある夫婦生活の破綻

夫婦生活の破綻が、不貞行為に対する慰謝料請求にどう影響するのかといえば、夫婦生活の破綻を理由に、慰謝料の支払いを拒否される可能性があります。

不貞行為に対する慰謝料請求は、
不貞を行った配偶者とその不貞相手に請求します。

しかし、不貞相手が配偶者から「夫婦生活は破綻していたと聞いている」と
証言すれば、慰謝料請求を退ける場合があります。

これは、不貞行為によって夫婦生活が破綻したと判断できないからです。
そのため、不貞行為が何時から行われていたのか、
不貞行為は夫婦生活が破綻した後か前かを調査する必要があります。

しかし、過去に遡って不貞の調査を行うことは難しいため、夫婦生活が破綻し別居を考えている方は、別居をする前に、配偶者が不貞を行っていないか調べてみるといいかもしれません。

 よくある質問

ページ先頭へ▲

MENU
浮気調査は低料金で
浮気の悩み
離婚の悩み
恋愛の悩み