1. トップへ
  2. 離婚の悩み
  3. 離婚の決意が揺らぐ瞬間とはどんな時ですか?

離婚の決意が揺らぐ瞬間とはどんな時ですか?

離婚したいと思っても、離婚後の生活を考えた時、離婚の決意が揺らぐ瞬間があります。その原因の多くは、お金や人間関係などがあります。


離婚の決意が揺らぐ瞬間は?離婚したくても出来ない理由

夫婦が離婚するのは、離婚したいと思う瞬間があったからです。

どんな理由で夫婦が離婚したいと思うのか、夫婦それぞれで離婚の原因は違うと思います。

しかし、離婚をしたいと思ったとしても、その決意が揺らぐ瞬間というのがあります

離婚したくても離婚がなかなか出来ないというケースもあるのです。

離婚を決意した人がどのような理由でその決意が揺らぐのか、その理由についてご紹介したいと思います。

離婚の決意が揺らぐ瞬間

夫婦が離婚したいと思う瞬間とは、どんな原因があるのでしょうか。

夫婦が離婚する理由について調べると、その原因のなかでも多いものがあります。

  • 性格の不一致
  • 夫婦の不貞行為
  • 家庭内暴力(精神的暴力含む)
  • 金銭感覚の違い
  • 親族との人間関係

など

離婚したいと思う原因については、こうした物があります。

また、夫婦によって細かい部分で違いはあります。

しかし、これらの理由で離婚をしたいと思っても、その決意が揺らぐ瞬間というのがあります。

離婚したくても離婚が出来ない原因には、以下のような原因が考えられます。

 離婚後の生活への不安

離婚の決意が揺らぐ瞬間に、離婚後の生活に不安を抱えている場合があります。

離婚すれば、生活が一変します。

まず、夫婦でなくなるので、全てのことを一人で行う必要があります。

結婚する前に戻ると言えば、簡単に思われるかもしれませんが、そう簡単にはいきません。

専業主婦が離婚した場合、離婚後の生活費を稼ぐために仕事に就く必要がありますが、簡単に再就職ができるとは限りません

結婚前に就職して手に仕事を持っていた場合は再就職の難易度は低くなりますが、特にスキルを持たない場合、再就職は難しくなります。

また、生活を行う場所にも問題があります。

離婚したら夫婦が一緒に生活していた家を処分したり、新しく部屋を借りるなどして、生活の拠点を持つ必要がありますが、持ち家があった場合、住宅ローンの契約破棄を行う必要があったりと、大きなデメリットがあり、住宅ローンの違約金を離婚後に支払う必要も出てきます。

 夫婦が離婚を認めない

夫婦が認めれば離婚することができます。

離婚届にお互いが署名捺印をして、市役所に提出すれば離婚は成立します。

しかし、逆に言えば夫婦が認めなければ離婚することができないということです。

夫婦が離婚をしたくないと思っているなら、離婚したくない夫婦を説得する必要があります。

しかし、離婚したくない人を説得するのは難易度がかなり高いです。

夫婦が離婚したくない理由を理解して、その問題を解決する必要がありますが、言うほど簡単に解決できる問題はありません。

離婚が難しいとなったら、裁判を行って離婚をする方法がありますが、裁判で離婚しようとするとかなりの時間がかかります。

調停や裁判では、1年以上の時間を必要とします。

この離婚までにかかる労力を考えると離婚をあきらめてしまう人も少なくないといいます。

 夫婦以外の家族との人間関係

夫婦と離婚すると、子供や親族との人間関係で悩む人は少なくありません。

離婚をすると子供と離れて生活することになるため、子供と離れて生活するのが嫌で離婚の決意が揺らぐ人もいます。

日本では子供の親権は母親に有利となっています。

父親が子供の親権を持とうと思ったら、裁判を行って子供の親権を取るために母親と争うこともあります

また、離婚するとなると親族との関係が悪くなることもあります。

離婚した後、一時的に生活する場所として、実家に戻る女性も多いと思いますが、実家では親族から出戻りとして腫れ物のように扱われることもあります。

こうしたことで、親族との人間関係が悪くなります。

離婚はデメリットも多い

離婚するのは夫婦にとってメリットもありますが、デメリットもあります。

そのデメリットの大きさから、一度は離婚を決意したが、その決意が揺らぐこともあります。

離婚はそのデメリットをどれだけ解決することができるかで、離婚後の生活に大きく影響してきます。

本気で離婚を考えているのなら、離婚のデメリットについてよく調べておき、離婚に向けて準備をしっかり行ってください。

 離婚に関する質問

ページ先頭へ▲

MENU
浮気調査は低料金で
浮気の悩み
離婚の悩み
恋愛の悩み