1. トップへ
  2. 浮気の悩み
  3. 浮気癖のある女の特徴と治し方

浮気癖のある女の特徴と治し方を教えてください。

浮気癖のある女性は、寂しさや自分に自信がないなどで浮気をすることがあります。浮気癖を治すのは簡単ではありませんが、浮気癖の治し方はあります。

女性の浮気癖の治し方とは?


パートナーと喧嘩してしまったときや、心が弱っているときなどに、
浮気をしてしまう女性は少なくないでしょう。

一時の過ちならば許してもらえる可能性もありますが、
世の中には、日常的に浮気をしてしまう、浮気癖のある女性も存在します。

今回は、浮気癖のある女性の特徴について解説していきます。
「自分はなんで浮気してしまうんだろう」「彼女や妻がなぜ浮気を繰り返すのか分からない」という方はぜひ参考にしてみてください。


浮気癖のある女性の特徴

 寂しがりや


浮気癖のある女性の特徴のひとつに寂しがりやであることが挙げられます。

浮気癖のある女性は一般的な女性に比べて、
ちょっとでもパートナーと離れていると寂しさを感じてしまい、
その隙間を埋めてくれるような男性を求めてしまいます。

「自分の寂しさを埋めてくれるのは一人では足りない」と自覚していて、
何人もと付き合っているような女性も存在します。


 自分に自信がない


浮気癖のある女性の二番目の特徴としては、自分に自信がないことが挙げられます。

自分に自信がないゆえに、何人も彼氏を作ろうとする女性もいます。
彼女たちは、「いつか自分は見捨てられるのでは」といった不安があるため、一人の男性では満足できないのです。

また、自分に愛されているという自信がない場合、「彼氏、夫を束縛しているのに、自分は浮気している」といった現象も起こります。

自分に自信がなく、いつか逃げてしまうのでは、と考えることに加え、自分自身も浮気をしているため、彼もするかもしれないという想いにとらわれているのです。


流されやすく、自分で決められない

あらゆることを自分一人では決められない、という女性も浮気しやすい傾向にあります。

これも根本としては自分に自信が持てない、ということに繋がりますが、自分の考えや判断を信じることができず、他人の言っていることのほうが正解に思えてしまうという女性もいます。

そのような女性は、周囲に流されやすく、もし他の男性から誘われたり、「君は彼氏(旦那)から大事にされてないよ」などと言われると、次第に自分でもそのように思えてきて、浮気に走ってしまう可能性もあります。


承認欲求が強い

常に誰かに認めてもらいたい、必要とされたい、自分の価値を実感したい、という思いが強いあまり、浮気してしまう女性もいます。

承認欲求が強すぎると、ひとりの相手から褒められたり求められたりするだけでは満足できず、自分を認めてくれる誰かを常に探し求めてしまう場合があるのです。

中には、高収入な男性や多くの女性からモテる男性など、いわゆるスペックの高い男性と交際することで、自分自信の価値もより上がると考える女性もいます。

そのような女性が、今の彼氏や夫に満足していない場合、「彼に愛されたところで、私は女としてたいしたことない」と思い、自分の承認欲求をさらに満たしてくれる相手へと気持ちが流れて行くこともあります。


 性欲が強い


浮気には、精神的に満たされないからしてしまう浮気と、
肉体的に満たされないためにしてしまう浮気の二種類があります。

男性の中には、「女性がそんなに性欲が強いはずはない」と
勘違いしている人もいますが、女性でも自分の性欲にふりまわされている人はいます。

性欲が強すぎて、パートナーだけでは満足できず、浮気を繰り返してしまうという女性も存在します。


 刺激を求めている。


安定した何の不自由もない生活を送れていることは、本当は一番の幸せ。

けれど、単調な幸せな時間が続くことで、
変化や刺激を求めて浮気に走ってしまう女性もいます。

外に出て気分転換。と習い事など新しいことをはじめた時、
好意を持ってくれる男性と出会ってしまったら?
刺激を求め、一気に浮気に走ることがあります。

 人の気持ちを読める女性


人の気にしているところをさりげなくフォローしたり、
そんなところ見てくれてるんだ。というようなところをさらりと褒めたり。

人の気持ちにスッと入り込める女性は、男性から好感を持たれることが多く、
アプローチが多くなります。


普段は上手にかわしていても、心に隙間がある時は、
アプローチが多い分その場の空気で浮気をしてしまうことがあります。

念書を作って浮気を止めさせる

どうにかして彼女に浮気を止めさせたいと思っている男性は、念書を作ることも考えてみてはいかがでしょうか。

浮気をしていることがわかったら、まずは浮気の証拠を集め、それから念書を作って浮気を止めるように交渉をしてください。

決定的な浮気の証拠があれば、話し合いも出来ますし、女性には口で敵わないという男性も交渉を上手く進めることができるかもしれません。

上手く交渉を進めることができたら、念書に「二度と浮気をしない」という約束を盛り込み、彼女に署名捺印してもらうことで、後になって「そもそも浮気なんかしてない」とか「浮気をするのは私の自由だ」というような、理不尽な言い訳をされることを防げます。

そのためには、まずは浮気の証拠を集めること、そして正しい書式と適切な内容の念書を用意しておきましょう。


参考浮気相手からの携帯メールは、裁判証拠になる?
参考浮気の念書の正しい書き方を教えてください。


浮気癖の治し方 どうにかしたいと思っているあなたへ

これまで、浮気癖のある女性の特徴について解説してきました。
女性の浮気癖は治すことができるのでしょうか?

「寂しがりや」「自分に自信がない」といった風に、精神的に満たされていないことからくる浮気癖は、簡単ではないですが治すことができます。

男性が、彼女や妻の浮気癖を治したいという場合は、まずは彼女(妻)への接し方を見直してみる、ということをやってみましょう。
男性の接し方や向き合い方ひとつで、女性の不安感や満たされない気持ちが解消され、彼女たちが少しずつ本来の自信を取り戻してくれる可能性は大いにあります。

女性自身が、自分の浮気癖をどうにか治したい、と思っている場合は、自ら自分の自信を取り戻し、自分の恋愛感情に振り回されなくなる必要があります。

そのためには、どうすれば男性に愛されるのかということを悩むのではなく、自分が楽しいと思えることや、やってみたいと思えることをたくさん見つけて、実践していくのが良いです。
仕事や趣味、お洒落をすることなど、小さなことでも良いのです。

恋愛以外に夢中になれる何かがあると、恋愛に比重を置きすぎることなく、自分の時間を楽しめるようになります。
そうなれば、そのうち自然と自信がついてくるものです。
なぜなら、何かに夢中になって取り組んでいる女性は魅力的だからです。
また、自分の時間を大切に感じるようになると、浮気なんかしている時間がもったいないと思うようにもなるでしょう。

一方、肉体的に満たされないことからくる浮気については、精神的な不満に比べて、改善が更に難しいかもしれません。

まずは、互いの性的欲求を満足させるために、カップルで協力していろいろ工夫をしてみましょう。
性的な悩みについて話し合えない関係ならば、まずは話し合える関係性を築く必要があります。
難しいにしても、できる努力はたくさんありますから、「性欲が強くて我慢できないのだから仕方がない」と、簡単に匙を投げてはいけません。

また、自分でもどうしようもなく苦しくなるくらい、性欲が我慢できなくて悩んでいる、という場合は、性依存症という精神疾患である可能性もあります。
その場合は本人の意思だけで改善するのは困難ですから、心療内科など、しかるべきところに相談してみることをおすすめします。



 浮気癖に関する質問


ページ先頭へ▲

MENU
浮気調査は低料金で
浮気の悩み
離婚の悩み
恋愛の悩み