1. トップへ
  2. 恋愛の悩み
  3. 同棲と結婚はちょっと違う?同棲前に恋人が確認すべきこと

同棲と結婚にはどんな違いがありますか?

同棲と結婚には違いがあります。この違いについて「法的な違い」と「精神的な違い」の2つに分類して簡単に解説したいと思います。


同棲と結婚はちょっと違う?同棲前に恋人が確認すべきこと

同棲と結婚について元は他人だった者同士が一緒に暮らすという意味では
同じですが、この2つには明確な違いがあります。

同棲前に恋人に確認すべき事などをここではご紹介したいと思います

結婚と同棲による法的な違いについて



結婚しようとする際には、まずお互いの戸籍謄本を取り寄せ、それとともに婚姻届に2人の署名捺印の上保証人に署名捺印してもらい役所に届け出る事となり、ここで正式に戸籍上での婚姻が完了し正式に夫婦となりますので、様々な法的効力が発生してきます。

例えば、結婚後の財産についてです。

結婚すれば、夫婦は財産を共有することになり、夫婦が離婚する場合は財産分与という形で共有財産が分けられます。

また、社会保障でも、結婚すれば妻は夫の扶養家族となることで税金に関わる控除を受けられます。

妻としてもパートなどに出る際でも扶養控除内で働くのかによって、世帯としての様々な税金額が変わるなども結婚の法的な側面の一つとなります。

婚姻が法的効力を持つ為に、本籍や住所・氏名が変わる事により免許証や印鑑証明といった公的な書類から銀行口座や各種契約といったものの名義や住所などをどちらかの籍に入る者が変更する必要があります。

同棲である場合これらの法的効力はありません。

生活を共にしていても男性の収入は男性のもの、女性の収入は女性のものとなります。

また、各種公的な書類から契約にいたるまで名義を変更するといった必要はありません。

結婚と同棲による精神的な違いについて


男女が結婚して夫婦となると、法的効力が発生するという事は上記でも紹介しました。

次は、結婚と同棲の違いとして精神的責任の違いがあります。

同棲した恋人が別れた場合、共に生活するという事を解消するだけで済みますが、結婚の場合の責任とは扶養家族という言葉通り扶養する義務が生じます。

結婚で夫婦2人が円満に離婚したのであればそれでいいのですが、子供がいた場合その子供は二人の子供であり離婚後も養育費などといった責任が発生します。

また、結婚していた場合は、婚家の親や兄弟といった親戚付き合いやそういった親族にまつわる道義的責任も生まれます。

結婚では何かの節目には婚家の両親の元へご挨拶に伺ったりお歳暮やお中元といった季節のご挨拶、また冠婚葬祭でのお付き合いなど様々なお付き合いがあり親戚とも同棲とは違ったお付き合いが必要となってきます。

人によってこれを負担とみるかどうかは変わってくるかと思いますが、
結婚によって大きく変わる精神的な側面の一つであると思います。

同棲には法的責任や扶養する義務といったものが発生しませんから、
精神的な変化といった点でも結婚と同棲は大きく違うと言えるでしょう。

結婚した場合どちらか一方が他の異性と恋愛関係になることを「不倫」と呼びます。同棲関係の場合は「不倫」とは呼ばず「浮気」と呼ばれます

なぜ結婚と同棲で「不倫」と「浮気」という呼び方に違いがあるのかというと、不倫の「倫」とは倫理の倫であり、人の守るべき道といった意味である為に不倫は人の道に背くという事。

そのため「不倫」とは婚姻関係にある男女に対してのみ使われます。

これは「道徳的に許されない恋愛」となり道徳を外れる行為は「重い罪をおかすこと」という認識が広くなされているためです。

こうした理由から、結婚は精神的な責任が大きく、同棲では結婚よりも精神的な責任が少ないという違いがあります。

同棲前に恋人が確認すべき事とは

結婚の前段階として、同棲をするというカップルも多いと思います。

カップルが同棲しようと盛り上がったはいいものの、全くの他人同士が一緒に暮らそうとする訳ですから、同棲後に「こんなはずじゃなかった」となってしまう可能性もあります。

そのため、同棲をする前に、カップルで確認しておいてもらいたいことが2つあります。

 同棲中の生活費について

まず、生活する為に必須となる家賃や光熱費など、2人で暮らす為の直接的な出費について取り決めをしておくといいかと考えられます。

収入に占める割合の大きな出費をどうしていくのかという事は同棲する事にまつわる大きな変化で、単純に計算しても人が一人生活していく分の光熱費も加算されてくるという事になります。


 同棲中のルールをあらかじめ決める

男女が一緒に暮らすため、男女の違いのギャップから同棲をはじめたカップルが衝突することはよくあります。

同棲をはじめて衝突してしまったとき、何を基準にして物事を決めるか、カップルの間でルールを作っておくことが大切です。

共に生活していく中で、自分では当たり前であった事が相手の当たり前とは限りません。

例えば、お風呂に入るタイミングや洗濯する時間、同棲するまでは当然のようにあったデートが同棲を始めるとめっきり回数が減ったなど、同棲により変わってくる事があります。

実家を出て一人暮らしを経験した事のある方ならば、家事や炊事といった事にとどまらない小さな家事(洗剤やトイレットペーパーといった消耗品の在庫管理)がある事を理解しています。

しかし、男女の一方が実家暮らしだった場合、同棲に慣れるまで時間がかかると思います。

そのため男女どちからが不満を抱えてしまうこともあります。

こうした小さなすれ違いを解決するためにも、同棲を始めるときにルールを決め、同棲中も二人でよく話し合い、二人だけのルールを決めること。

2人が生活を共にする事は1人とは違う色んな手間があります。

よりよい生活を営むためにどうすればいいのか、話し合いながら作っていくことができるからこそ、同棲は結婚の予行演習といえるのではないでしょうか。

 その他のよくある質問

ページ先頭へ▲

MENU
浮気調査は低料金で
浮気の悩み
離婚の悩み
恋愛の悩み