離婚時の慰謝料はいくら?

浮気発覚の写真

浮気調査の結果、旦那・妻、彼氏・彼女の浮気が発覚した。

彼氏・彼女の浮気が発覚した場合、最悪のケースはただ別れて終わりだと思いますが、浮気が旦那や妻の配偶者だった場合は、簡単ではありません。

配偶者の不貞行為は罪になり、浮気をしていた旦那・妻の配偶者や、浮気相手にも慰謝料を請求することができるからです。

探偵に浮気の素行調査を依頼するには、ある程度お金がかかります。

そのお金をただ払うのは大変なので、やはり浮気発覚後、離婚し、慰謝料が受け取れることを想定しての依頼になると思います。

なので、配偶者の素行調査を依頼するということは、ただ浮気の事実を知りたい、配偶者に反省してほしいというそのくらいの気持ちではないと思います。

探偵に浮気調査を依頼した時点で、ある程度は離婚を決めていることが多いと思います。

離婚することを決めていて、離婚を有利に進めるための浮気の証拠を確実に手に入れるために、探偵に配偶者の素行調査を依頼するのです。

離婚時に請求できる慰謝料の相場は、100万円~300万円だと言われています。

慰謝料の額も、配偶者の年収や、二人の婚姻期間の長さ、配偶者からの暴言など精神的苦痛の有無、DVなどの肉体的苦痛の有無など、様々な要因に決まってきます。

慰謝料の額は様々な要因によって決まってきますが、浮気をされて心の傷を負った依頼者にとって正当な慰謝料の額を請求するには、浮気調査によりそれなりの証拠が必要になるのではないでしょうか。