車内に仕掛けるICレコーダー

配偶者の浮気を自分で見破る方法として、配偶者や恋人が使う車に、盗聴器を仕掛けるというものがあります。

この場合の盗聴器は、プロが使うような盗聴器を買う必要はなく、ICレコーダー(ボイスレコーダー)や携帯電話でも大丈夫です。

配偶者や恋人が浮気をするであろう日に目星をつけて、ICレコーダー(ボイスレコーダー)を車内の見つかりにくい場所に設置します。

多少車が動いてもICレコーダー(ボイスレコーダー)が外れて、表に出てこないように気をつける必要があります。

何時間も電池が持つか心配ですが、長時間使用できるタイプもあります。

24時間以上の長時間対応もありますので、浮気調査が日をまたいで行われそうな場合は、そういった長時間使用可能なICレコーダー(ボイスレコーダー)にしましょう。

車内は、エンジン音などうるさい場合が多いので、ノイズカット機能が優れているなど、周りがうるさい環境でも比較的きれいに録音できるものがお勧めです。

取り付ける場所にも注意し、できるだけ二人の声が録音しやすい場所にしましょう。

当然、仕掛けたICレコーダー(ボイスレコーダー)を後で回収する必要がありますので、その点は注意しましょう。

ICレコーダーを持っていない場合は、新たに購入する必要がありますが、浮気調査が終わった後には、後々英会話に利用したり、ヤフオクで売ったりすることもできます。