証拠を残さない、浮気調査対策?

浮気の証拠になるものに、いくつかのものがあります。

まずは、一番注意しないといけないのが、保存された携帯・スマホのメールです。

浮気中は恋愛感情で動いているので、ドキドキしたい・後で何度も読み返したいと思い、いつまでも届いたメールを残しておく方が多いようです。

しかし、保存されたメールが携帯・スマホ内に残っていることによって、見られたらどうしようという心配になり、いままでは軽く扱っていた携帯をいつでも持ち歩くようになるなど、浮気調査のきっかけになるような不審な行動に変わっていきます。

受信したメールもそうですが、送信したメールも残しておくのはやめたほうがいいと思います。

受信したメールなら一方的に送られた、と言い訳が立つ場合がありますが、送信したメールの内容は、完全に言い訳ができません。

この中で浮気がバレないような方法を記述しているように取られる表現がありますが、決して浮気を推奨しているわけではありません。

恋愛中の男女の浮気はある程度許されたとしても、配偶者のいる場合の浮気は法律的に許されません。

人間ですから、気持ちが変わることは仕方ありませんが、自分にも配偶者にも家族にも、ずっとウソをつきながら生活するのはお互いツライことです。

もし本気で違う人に気持ちが動いてしまったのなら、浮気調査に受けないように、ちゃんとけじめをつけてから次へ動く、が基本ではないでしょうか。