浮気調査は必要?浮気心は動物の本能?

男も女も浮気をするのは仕方のないことでしょうか?

探偵への依頼で、浮気調査がもっとも多いことですので、この点はしっかりと考えたいと思います。

人が恋をするとPEAという脳内物質が出てきて、もっとその人に会いたい、もっとその人と一緒にいたいと思うようになるようです。

このPEAという脳内物質がでている間、その人に恋をしているということになります。

しかし、このPEAという物質は永久に出続けるものではないようです。

同じ刺激が続くことによってだんだんと慣れていき、刺激に慣れることによって分泌される量も減り、ついには約2年もするとほとんど出なくなるみたいです。

2年も付き合いが続くころになると、お互いが結婚適齢期になっていれば結婚を選択することになり、恋人からさらに発展した関係になります。

恋人からさらに発展した関係、夫婦という関係になることによって、PEAは出ていなくても、子供が出来る、子供を育てる、夫婦一緒に社会に立ち向かうなど、違う意味で一緒にいたいと思うようになるようです。

PEAが出なくなって、結婚も選択しなかったカップルは、また新たな刺激を求めるようになります。

より慎重な男女の場合は、新しい魅力的な人を見つけてから別れようとするので、これが浮気というものになってしまいます。

これは浮気心があるだらしない性格なのではなくて、脳のメカニズム、動物の本能だから仕方のないことなのだと思います。

浮気調査を考える前の参考にしてください。