携帯電話のロックと手放さない

携帯で浮気チェックの写真浮気の兆候のひとつとして、もっともあるのが、携帯にロックをかけたり、家の中でも常に持ち歩いて手放さなくなります。

お付き合いしていた頃、結婚当初からずっとそうなら問題ないかもしれませんが、急に変わったかどうかがポイントになります。

以前は携帯に無頓着で、ロックなんてかけるわけもなく、机の上に置きっぱなしだったのに、それが急にロックを掛けて持ち歩くようになったかどうかです。

浮気をしていると、やはりいつ電話やメールがくるのかわからないので、いつも持ち歩いてないと落ち着かないようです。

メールは通知設定で、メール着信があっても知らせないようにできますが(後で自分で問い合わせて初めてわかる)、もしも配偶者が携帯の中身をチェックしたらバレてしまいます。

プライバシーの問題などがあり、普通なら配偶者や恋人であっても、相手の携帯の中身をチェックなんてしないとは思いますが、何か怪しい行動をとっていると、浮気が疑われて携帯の中身をチェックされることがあります。

携帯の中身をチェックされないように、携帯にロックをかけるようになります。それで余計に怪しいとなるわけです。

携帯にロックを掛けても、電話の着信は出ることはできます。もしも、自分がお風呂に入っているときなど、携帯から離れているときに浮気相手から電話がかかってきたら大変です。

なので、家の中でもいつも持ち歩き手放さなくなるのです。