ホーム > 浮気調査に関するQ&A > 浮気調査を自分でする方法

浮気調査を自分でする方法はありますか?

自分で出来る浮気調査の方法はいくつかあります。

  • 調査対象者の携帯電話からメールや着信履歴を調べる
  • 自分が知らない小物やブランド品を持っていないか
  • お金の使い方に変化がないか
  • 車の助手席周辺、ダッシュボードの中を調べる

以上の方法以外にも、相手の生活習慣を細かい所まで観察して、生活習慣に変化がないか調べる方法などがあります。
これらの方法は、比較的簡単な浮気調査を自分でする方法です。
浮気調査を自分で行う完全マニュアル

しかし、簡単に出来るこれらの方法は、浮気を決定付ける確実な証拠を手に入れることができるとは限りません。

浮気を決定付ける確実な証拠とは、「裁判で通用する証拠」のことです。

裁判で通用する浮気の証拠とは
  • 調査対象者と浮気相手が一緒にホテルへ出入りする姿を収めた映像や写真
  • 浮気を認める日記や手紙
  • 浮気を認める会話の録音など

この中で、最も効果が高い浮気の証拠は、ホテルへ出入りする姿を収めた映像や写真です。

不貞行為の証拠とは、肉体関係を持っていたことを証明することが出来る証拠でないといけません。
そのため、調査対象者と浮気相手が1度だけホテルへ入った姿を映像に収めるだけではなく、2度、3度と回数を重ねている姿も映像に収めることができれば、裁判でも有力な証拠として認められます。

また、自分でする浮気調査で、集めることができる浮気の証拠に、携帯電話のメールがあります。
このメール内容が、浮気を認める内容であり、複数存在する場合は、裁判でも浮気の証拠として認められるケースがあります。


自分で浮気調査をする際に、注意しなくてはならない事がもうひとつあります。
それは、「浮気調査が調査対象者にバレてしまう可能性」です。

探偵事務所や興信所へ浮気調査をされる方の中には、浮気調査期間中に調査対象者と一緒に普段通りの生活を送ることができず、探偵へ依頼して浮気調査をしていることがバラてしまう人もいらっしゃいます。

浮気を疑った時、調査対象者の行動を観察する一方で、調査対象者もあなたのことを観察しています。
調査対象者は自分が浮気をしていて、後ろめたい気持ちを持っているため、あなたに浮気を気付かれないようにしようとして必至です。

そのため、あなたの行動をいちいち気にしたり、調べられていると感じたら、浮気相手との連絡を絶つなどの対策を取ろうとします。

こうなってしまうと、浮気の証拠が2度と手に入らない、なんてことになる可能性もあります。

もしも、浮気調査を自分でする方法を試して、浮気の証拠を集める際には、絶対怪しまれない安全な方法で浮気の証拠を集めなくてはなりません。

関連する質問
自分でする浮気調査のメリットとデメリットはなんですか?
▲ ページ先頭へ