実態調査で子供のいじめを調べる

いじめの問題がニュースで取り上げられてから、自分の子供は大丈夫だろうかと
心配する親御さんや、一連の事件での学校側の対応をみて、学校側に対して不信感を持ったことなどから、探偵事務所へいじめ調査を相談する方が増えています。

頼れる所が他にない事もあるのかもしれませんが、何よりも子供を守れるのは
親である自分達だけ、という意識が高まっているの事も要因しているからだと思います。

いじめ調査では、学校内でのいじめ行為の実態を調べていきますが、
いじめ問題は何も学校内だけでなく、学校外でも起こりえます。クラブ活動や
塾などの習い事など、調査では学校外においても、いじめがないか調査をし、調べていきます。

いじめ調査を行うにあたっては、子供の様子に何か変化がないか、いち早く親が気づいてあげる必要があります。
いじめが考えられる兆候として、以下のようなことが考えられます。

・子供が学校へ行くのを嫌がる。
・お金を家から持っていくようになった(金額の多い、少ない関係なく)
・忘れ物が増えた。
・子供の持ち物が減っている、または壊れている
・学校の話をしなくなった。
・背中やお腹、服に隠れる体の一部にアザがある。
・よく怪我をしている
・学校が休みの日に出かけたがらない

など。

今挙げた兆候は一部で、他にも子供の生活習慣や、顔色、態度などからも
変化に気が付くことができます。こういった変化は、親御さんだからこそ
気がつくこともある為、普段から様子を伺い、お子さんから無言のメッセージに
気づけるようにしておきましょう。

もし何かに気づいた際には、慎重に進める必要があります。
まずは学校側に相談をされる方もいると思いますが、学校側の対応によっては、
お子さんを余計に傷つけたり、いじめがエスカレートする恐れもある為、
注意しましょう。

ただ、学校という閉鎖空間での出来事である以上気付きにくい事や、両親ともが
共働きなので子どもと接する時間が少なくなっている場合、子供の変化には
気付きにくい所がありますので、そういった時は、探偵を利用する事も
考えられると良いと思います。

探偵社に依頼を行う事で、いじめの真偽や、いじめをしている証拠を
掴むことが可能になってきます。

探偵が行ういじめ調査では、学校内外で行われるいじめ行為の証拠収集だけでなく、
いじめが起こった原因を調べることも可能です。

単にいじめの問題を明らかにし解決したのでは、同じ事が繰り返される危険性がある為、なぜいじめが起こったのか、原因についてもきちんと調査し、根本から解決しておくことが必要になってきます。

当社では、このいじめに対しての実態調査や、心あたりのある人物の素行調査などをおこなっておりますので、お子様がいじめ被害に遭っていたり、被害を受けている心配がある方は、当社にご相談いただければ、お子様や親御さんの不安を解消できるよう、アドバイスさせて頂いております。

▲ ページ先頭へ